完璧なパスポート写真を入手するには?




正しいパスポート写真が必要な理由

パスポート写真のルールは非常に厳格でシンプルです。これは、世界中で可能な限り最高のセキュリティを保証するという単純な要件によるものです。確かに、パスポートは世界中のどこにでも旅行するのに必要な一枚の紙であり、居住国外のどこにでも旅行する準備をするときに入手する最も重要な書類です。

ルールが世界で一般的に均一である理由です。そうでない場合は不適切です。一部の国では白黒写真を許可し、他の国では許可しないことを想像してみてください。次に、白黒のパスポート写真を持っている人が許可されていない国に夏休みに出かけると、セキュリティ管理が適切に機能せず、不安につながる可能性があります。

一部の国では、これらの厳しい画像規則を信頼せず、ビザを追加していません。この他の公式文書は、人々の旅行の背後にある理由を理解するのに役立ちます。

パスポート写真のルール

パスポートを更新すると、当局からあなたの写真を聞かれます。しかし、あなたに彼らにあなたのカジュアルな休暇の写真を与えることはできません。写真はいくつかの明確に定義されたルールを尊重する必要があります。

米国国務省によると、パスポートの写真はカラーで、白またはオフホワイトの背景で撮影する必要があります。自撮りは許可されていません。写真は、プロ、機械、または三脚を使用できる他の誰かが撮影する必要があります。

米国のパスポート写真のルール

パスポート写真の要件

解像度は高くなければならず、ぼやけたり、ざらざらしたり、ピクセル化されたりしてはいけません。あなたの顔の画像は、フィルターなしで鮮明でなければなりません、あなたの髪はあなたの額を覆ってはいけません。パーカーは着用できません。眼鏡をはずしてください。

紙自体が重要です。マットまたは光沢のある写真品質の用紙に印刷する必要があり、フォトショップすることはできません。赤い目がある場合は、別のパスポート写真を撮ることをお勧めします。ただし、アプリを使用してそれらを修正しないでください。紙のサイズも重要です。 2 x 2インチ(51 x 51 mm)でなければなりません。あなたの目は真ん中にあるはずです。すべての頭が見えるようにする必要があります。

有効および無効なパスポート写真の例

なぜそれほど多くのルールがあるのですか?

一度にすべてのルールを読むと、圧倒されるかもしれません。貴方はするべきではない。基本的に、写真を撮るときは、疑わしいものがないことを確認してください。


国家の心に自分を入れてください。見たくないすべての詳細について考えます。セキュリティのためのルールがここにあると考えてください。この写真の目的は、あなたを偽ることではなく、あなたを認識することです。国家をだますことは危険だろう。彼らが誰かを探していると想像してみてください。あなたの写真がぼやけているので、彼らはあなたを疑い始めます。悪い絵は疑わしい絵だと思ってください。

悪い画像があると、すべての空港で時間を失うことになります。実際、空港での操作は非常に簡単です。彼らは空港での管制中にあなたの写真を撮り、それをパスポートの写真と比較します。次に、目的地の空港に到着すると、別の写真が撮られ、出発の写真とパスポートの写真の両方と比較されます。パスポートの写真が悪いと、セキュリティチェックに時間がかかり、国境管理での不快な尋問につながる可能性があります。

完璧なパスポート写真を撮るには?

今日、自宅の快適さを離れることなく、完璧で許容できるパスポート写真を取得することは非常に簡単です。

今日のオンラインサービスでは、すべての国際的な要件が適用された公式のパスポート写真を入手でき、さらに簡単で手頃な価格にすることもできます。

それらはそのように機能します:必要なドキュメントを選択し、自分で写真を撮り、それらに写真を送信し、翌日にはメールで写真を受け取ります。

とても簡単ですね。ソファからパスポートの写真を今すぐ入手して、効率的に荷造りを始めましょう!

  パスポートの写真を入手する
完璧なパスポート写真を入手するには? : 完璧なパスポート写真付きの写真
完璧なパスポート写真付きの写真  


どこで飛べますか?
著者について - どこで飛べますか?
私は34歳です。男は、旅行に情熱を傾けています。 5年以上の道のり、55か国以上がすべての大陸を訪れ、650以上のフライト、1000以上のホテルの夜、1年間の世界ツアー、すべて自己組織化された旅行は生き方です。私は私の経験を共有し、あなたに最高の情報と取引を得るためにこのサイトを作成しました。
 


コメント (1)

 2020-11-11  Bakrena
この記事を共有していただきありがとうございます。次の記事を待っています

コメントを残す