ルフトハンザウェブチェックはどのように処理されますか?




ルフトハンザのオンラインチェック

ルフトハンザのフライトのWebチェックインは、フライトの23時間前に開始され、ウェブサイト上で完全に行うことができます。プロセス終了時に、電子搭乗券が送られます。

ルフトハンザチェックイン English

電子メールがルフトハンザに適切に送信されている場合、チェックイン通知は、オンラインチェックインが開かれている搭乗の約23時間前に送信されます。

その電子メールでは、オンラインでチェックインするための直接リンクが提供されています。このリンクが正しく機能している場合は、チェックインプロセスに直接ログインする必要があります。

Frankfurt: 地元のアクティビティを探すFrankfurt: 地元のアクティビティを探す  

ただし、チェックインの際には、予約コードまたはチケット番号を予約時の名前と一緒に入力してログインする必要があります。

ただし、ほとんどの場合、ウェブサイトのデスクトップ版とモバイル版の両方で、オンラインチェックインが適切にロードされるはずです。

ルフトハンザのチェックイン

ルフトハンザの座席指定

ルフトハンザの座席選択は、オンラインチェックインのメイン画面から利用できます。

一部の座席はデフォルトで割り当てられ、変更することができますが、出発時刻に近いほど座席は既に取られます。フライトを予約する際にルフトハンザの座席予約が行われている場合、ルフトハンザのピックシートシステムではすでに乗客に割り当てられているはずです。

また、このスクリーンからは、頻繁なフライヤーカードを入力することができます。また、入力する必要があります。他の予約コードで誰かと一緒に旅行する場合は、追加の乗客を追加してください。

乗客を予約時に追加すると、一緒に座席を選ぶことができます。また、座席の再割り当てや遅延やその他の理由による予約変更の場合、乗客は一緒に保管しなければならないことをシステムに知らせます。

ルフトハンザのモバイルチェックイン

ルフトハンザは座席を選ぶ

フライト後のフライトでは、ルフトハンザの座席変更オプションをクリックすることで、飛行機のフライトを選択することができます。

利用可能な座席は青色で、座席はグレーで大きな十字架で撮影された航空機構成の概要が示されます。

主要な旅行者と仲間の旅行者の両方が飛行機に乗ることができ、窓のない座席または緊急出口に座席が適切に表示されます。

飛行機で選ぶのに最適な座席は何ですか?まあそれはすべてに依存します。接続が短い場合は、ドアの近く、飛行機の正面に、または背面に大きな飛行機を近づけることができます。座席の上に収納する必要があるので、より多くの足のスペースを持ち、手袋を離れる気にしない場合は、緊急出口の座席を取る。良い写真を撮りたい場合は、飛行機の前または後ろに座ってみましょう。横にいる場合は翼が全体の画像を占めますが、ピクチャー。

ルフトハンザフライトチェックイン

ルフトハンザのパスポート要件

座席、仲間の乗客を選び、頻繁なフライヤーに入った後、国際線の次の停留所は、パスポート要件を入力することです。

シェンゲンのスペース内のフライトでは、ボーダー内にパスポートコントロールがないため、この手順は行われません。

ルフトハンザがパスポートが有効であり、搭乗者が飛行機から降船する必要がないことを確認するには、パスポート情報を入力する必要があります。

このステップでは、旅券の種類、発行国、有効期限、性別、生年月日、国籍および旅行目的が必要です。

ルフトハンザの早期チェックイン

ルフトハンザ航空の事前旅客情報

システムが必要とする次の情報は、姓、名、パスポート番号、および身分証明書の場合にはパスポートの種類によって、旅券に関する乗客の情報を確認することです。

乗客の国籍に応じて目的地にビザが必要な場合は、このステップでビザ番号を入力する必要があります。

ルフトハンザの事前乗客情報:ルフトハンザによる目的地の乗客パスポートとビザの有効性のオンラインチェック

オンラインチェックのこのステップで必要なルフトハンザの事前乗客情報を入力すると、ルフトハンザの情報が事前に確認されているため、より迅速な空港チェック手順が可能になります。

ルフトハンザでの出発自由意思移動ゾーンからのウェブチェック中に、たとえばアメリカからヨーロッパシェンゲンスペースに行く、またはドイツから日本に行くなど、航空会社はあなたの個人データをチェックする必要があります。パスポートの有効性や乗客の目的地のビザ要件チェックなど、ウェブチェックイン時にルフトハンザの事前乗客情報で行われます。

ルフトハンザの事前乗客情報ステップにより、航空会社は搭乗前にこのチェックを実行し、空港のデスクチェックインの速度を上げることができます。

ルフトハンザは米国への乗客情報入力規制を事前に規定
ルフトハンザチェックインUSA

高度な乗客情報を慎重に入力した後、ポップアップが情報の有効性の確認を求めます。

すべての情報が正しいことを再度確認します。エラーが発生すると、搭乗が問題になる場合があり、場合によっては搭乗が拒否されます。

次の画面には危険物や禁止品の情報が記載されています。荷物の荷物にはこの情報が適用されます。

危険物は一般に許可されていません。荷物に荷物を入れなかった場合、荷物を持っていないことを確認してください。

ルフトハンザウェブチェックインオンライン

ルフトハンザのプリント搭乗券

最後のステップは、いくつかのオプションが用意されている電子搭乗券を取得することです。電子メールを取得するか、携帯電話でSMSでリンクするか、PDFエクスポートを印刷します。

続行する前に、乗客が同意し、責任と保険に関する情報を記載したチェックボックスを有効にする必要があります。

ポップアップが提供され、コンピュータにポップアップブロッカーがある場合に備えて、ポップアップブロッカーによってブロックされる可能性が高くなります。

その後、乗客と旅程の領収書が表示されます。事業費の払い戻しや、手荷物の遅れ、紛失、飛行のキャンセルなどの保険金が必要な場合は手元に保管してください。

また、接続が失敗した場合にルフトハンザまたは他の接続された航空会社のスタッフに連絡する際にも使用できます。

メール配信を選択した場合は、すぐに送信されるため、搭乗券は受信トレイで直接利用できるようにする必要があります。セグメント接続ごとに1通の電子メールが送信され、特定の搭乗券が内部に送信されます。

搭乗券は、対応するフライトの搭乗にアクセスするために印刷するか、携帯電話に表示することができます。

あなたの旅の問題に関する保険が彼らのコピーを求めるので、旅行全体が終わるまであなたの記録のためにそれらを保つ。

英国ルフトハンザチェックイン
インドのルフトハンザウェブチェック
カナダのルフトハンザチェックイン
ルフトハンザチェックインアメリカ

一目でルフトハンザのオンラインチェックイン

決定的なことに、登録プロセスにおけるルフトハンザの電子チェックはかなり簡単で簡単です。次の事実を考慮に入れて、ルフトハンザでのスムーズなフライトを確実にしてください。

  • ルフトハンザのオンラインチェックイン時間は、ルフトハンザのウェブサイトでのフライトの24時間前です。
  • ルフトハンザ変更席オンラインプロセスは無料で、あなたがあなたの予約カテゴリーで好きな席をオンラインで選ぶことができます、
  • ルフトハンザオンラインチェックインおよび搭乗券は、ルフトハンザオンラインウェブチェックイン手続きの最後に発行され、携帯電話または電子メールアドレスに送信することができます。
  • ルフトハンザの手荷物制限は、最も安いシェンゲン経済チケットの手荷物ではありません。
  • スターアライアンスゴールド会員のルフトハンザ手荷物許容量は、追加の受託手荷物ではありません。
  • ルフトハンザの手荷物の制限重量は、受託手荷物1個あたり23kgです。

決定的に言えば、ルフトハンザのオンライン登録プロセスは素晴らしいです、そして可能な限りあなたはそれを使うべきです - 単にあなたのチケットがあなたが必要とする荷物を含むことを確かめることを忘れないでください!

ルフトハンザ受託手荷物許容量


どこで飛べますか?
著者について - どこで飛べますか?
私は34歳です。男は、旅行に情熱を傾けています。 5年以上の道のり、55か国以上がすべての大陸を訪れ、650以上のフライト、1000以上のホテルの夜、1年間の世界ツアー、すべて自己組織化された旅行は生き方です。私は私の経験を共有し、あなたに最高の情報と取引を得るためにこのサイトを作成しました。
 


コメント (0)

コメントを残す